アニメ

【実写化問題】漫画やアニメをどうして実写化するのか?【永遠のテーマ】

こんにちは。たか兄です。

アニメや漫画は、世界に誇る日本の文化です。

アニメや漫画でしか描けないものは確実にありますし、そんな作品に魅了されている人が数多くいます。

しかしその作品ファンにとって頭痛の種なのが、この「実写化問題」です。

最近はその傾向が顕著で、人気のあるアニメや漫画は、すぐに実写化が決まります。

最近だと…

がっ〇うぐらし、ニセ〇イ、東京〇種、か〇や様などなど…

そもそも2次元でしか表現できないものを、無理矢理3次元で表現しようとしたり。

原作ファンの気持ちを無視した実写化は後を絶ちません。

実写化が決まると必ず、そのアニメや漫画のファンは

「実写化反対!」

と口をそろえて反対します。

まあ中には

「とりあえず見てやるか」

「別に観ないからどうでもいい」

という穏健派もいますが、ほとんどの人が自分の好きな作品が実写化されると聞いたら、あまりいい顔はしません。

僕も好きなアニメや漫画が実写化されると

たか兄
たか兄
なんだかな~

といつも思います。

今回はそんな実写化問題について、仕組みから何から詳しく見ていこうと思います。

そもそもなぜ実写化をするのか?

一言でいえば儲かるからです。

儲からなければ、そもそも実写化しようとはなりません。

テレビでは視聴率によって人気を計ることができますが、映画では興行収入が儲かったか、そうでないかの指標になります。

日本の映画業界では

「10億円でヒット」
「30億円で大ヒット」

と言われています。

ここ10年で10億円以上の興行収入を記録している作品は、なんと81作品もあります!

結構当たっていますよね?

実写化というのは原作ファンが反対する一方、映画館に足を運ぶ人は、一定数確実にいるということが分かります。

もう一つ重要なのが興収の他に、そう、映画の制作費です。

制作と興収の差分で、実写映画の「成否」が決まることになります。

アニメや漫画の実写映画を作るのにかかるお金は、だいたい3億円~5億円といわれています。

これは作品によってかなりのバラつきがありますが、だいたいこれくらいに収まるといわれています。

実写映画は他の映画よりも、安価で制作できる利点があります。

例えば、3億円で作った映画の興行収入が2億円だったとしても、1億円の損失で済むのであれば、大きな赤字にはならなくて済みます。

つまり漫画やアニメの実写化は、「ローリスクローリターン」。

リスクを最小限に抑えながら、最低限の収入を得ることができる仕組みというわけです。

原作使用料が安すぎる?

実写化問題の一つの問題点として、この「原作使用料安すぎ問題」があります。

実写化をするうえではもちろん、原作者に許可をとり、なおかつ

 

たか兄
たか兄
あなたの作品を使わせてください

 

作品を実写化するためのお金を、原作者に払う決まりになっています。

しかしそのお金が安すぎることが、大きく問題になっています。

この画像を見ていただくと分かると思いますが、テルマエ・ロマエの原作者に払ったお金は、たったの100万円。

海猿は250万円。

信じられませんね…

原作というのは作品の大元であり、作者の方が心血を注いで作り上げた、いわばその人の人生です。

なのに

「その作品を題材とする映画を作る」

となって、作者に支払われるお金がたったの100万円ぽっきりとは、作者と作品に対する侮辱にも思えます。

実写化をする制作側からすれば、原作を安く使用できて、費用を抑えることができるので、「実写化うまくね?」となってしまいます。

そうして、実写化スパイラルは終わることなく続くのです…

原作ファンに反対されようがお構いなし

そもそも実写化というのは、原作ファン向けに作られていません。

原作ファンに寄り添った作品というのもなくはないですが、ほとんど意識はされません。

キャスティングも、普段テレビで見かけるような、知名度の高い俳優や女優が抜擢されます。

なので、どんなに原作のキャラと合っていない酷いキャスティングで、どんなに酷い内容だったとしても、一定数のお客が見込めて、お金になってしまうので

『実写化はうまい』

という認識が広まってしまったんでしょうね~

とはいえ、実写化作品の中でも少なからず成功している作品はいくつかあります。

その作品はどれも、原作ファンでも楽しめる仕掛けを織り交ぜていて、必ず原作ファンへのリスペクトが込められています。

どの作品でもそうなればいいのですが…現実はそうもいきません。

制作陣が考えること。それは『儲かるか儲からないか』その一点のみ。

なので原作の内容を無視することもお構いなしで、同じような惨劇が繰り返されることに…

適当に作っても儲かる

言い方は少し汚いですが、こう言っても差し支えがありません。

実写化というのは、普段アニメや漫画を観賞しない人向けに作られます。

主にどういった層がターゲットになってくるか。そう女性です。

オタクと呼ばれる人たちは圧倒的に大多数が男です。

男性が好むようなバトル・恋愛・ファンタジーモノの作品を好きな女性は、残念ながら少数です。

そして、女性を取り込もうと考えたときに、手っ取り早い方法が一つあります。

それは…

 

イケメンを起用すること。

 

これに限ります。

イケメンが嫌いな女性というのは、ほぼ存在しません。

みんなイケメンが大好きです。

なので女性が喜ぶような男性キャスト(ジャ〇〇ズとか山崎〇人)とかを起用すれば、一定数の女性ファンを取り込むことができるのです。

適当な脚本で、そこそこのお金で作った作品でも

『あの有名漫画・アニメが、あの有名な俳優やジャニーズを主人公に据えて、ついに実写化!』

とでも、大々的に宣伝すれば、客は入ってしまいます。悲しいかな。

少数ですが原作ファンも映画館に足を運びますし、「宣伝を見て面白そうだったから」と映画館に行く人もいます。

適当に作っても客が入る。

言い方は極端ですが、そういった現状は間違いなくあります。

今後実写化の流れは収まるのか?


この問いに関しては「NO」と言わざるを得ません。

人気作品の実写化は、今後も確実に続いていきます。

その理由は単純明快。

何度も言うように、儲かるからです。

少ない制作費で、そこそこ知名度のある俳優とか女優を起用していれば、ある程度の集客は見込めてしまいます。

失敗するリスクがあまりない。失敗したとしても損害は少ない。

という事業であれば、どの会社も飛びつくのは自然の理。

ですがそうはいっても、僕たちアニメや漫画を愛する人間からすれば、好きな作品が実写化されるというのは

「好きな作品が世に知られるという嬉しさ反面、大コケして笑いものにならないか心配…」

という、複雑な心境になるものです。

今後、今までの方式になんらかの切り込みを入れていかなければ、流れを止めることは不可能です。

それを可能にしうるのは僕たち原作ファンの声か、それとも原作者の声か、それとも制作陣の心変わりか。

解決法は皆目見当がつきませんが、今はこの行く末を静かに見守ることとしましょう。

そして制作陣に最低限言いたいのは、

「作ると決めたら本気で作れ!」

です。

実写化が「成功した」といえる作品は、少ないがらもちゃんとあります。

銀〇とか、〇イジとか、る〇剣とか。

成功を収めた作品は例外なく、作品へのリスペクト、そして原作ファンも楽しませようという心意気が感じられます。

銀〇とる〇剣は実際に映画館で観賞しましたが、どちらも実写化とは思えないほどのクオリティでビックリしました。

本気で作る制作陣の心構えがあれば、僕たち原作ファンも少しは心が平らぐというもの。

どうか制作陣の皆さん。

実写化するなとは言いません。イケメン・美人を起用するなとは言いません。多額の制作費をかける必要もありません。

ただ僕たち、作品を心から愛するファンがいることを、ゆめゆめ忘れないでいただけると嬉しいです…

という、最後はメッセージで締めくくりましょう。(笑)

まとめ:作れば儲かる、だから終わらない!


儲かるから作る

たったこれだけのことです。

実写映画は基本、ローリスク・ローリターン。

失敗したとしても大きな損失にはなりません。

原作ファンをしっかりと満足させるような脚本・演出にしよう、などとは全く考えていません。(ものによる)

この実写化ブームに対して、GANTZの原作者・奥先生もTwitterで

なぜ無理っぽい漫画の実写化が続々と作られるのか?それは、知名度がある原作とイケメンの組み合わせだけで内容はテキトーでも観に行く人達がいっぱいいるからですよ。コアなファンなんて最初から相手にされてません。儲からなかったら誰も作りません。

と、おっしゃっていました。

これが現状です。

これからも実写の流れは止まらず続くはずです。

僕もどっちかというと反対派の人間なので、徐々にこの「波」が静まっていくのを願うばかりです…

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です