おすすめアニメ

【オススメアニメ】観ないと人生損。四月は君の嘘が神アニメなのでとりあえず観てほしい。

こんにちは。たか兄です。

今回みなさんにオススメするアニメは

「四月は君の嘘」

です!

知っている方も多いと思います。

月刊少年マガジンで連載されていた漫画が原作の、実写化までした超大人気作品です。

作者は新川直司先生。

中学生のピアニストとヴァイオリニストが音楽を通して、成長していく青春ストーリーです。

個人的にも思い入れが深い作品で、全体のオススメアニメランキングでも確実にトップ10に入るであろう作品です。

今回はそんな「君嘘」の素晴らしさを紹介したいと思います。

とにかく感動します。泣けます。ヤバいです。

かなりオススメな作品なので、まだ観ていない人は今すぐ観てください!!!

物語のあらすじ

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。四月は君の嘘-Wikipedia

ピアノの音が聞こえなくなってしまった主人公の有馬公生。

そんな公生が宮園かをりという女の子との出会いをきっかけに、変わっていくというストーリーです。

ただの学園青春モノではなく、恋愛や、それぞれの過去を通して描かれる苦悩がリアルに描かれています。

基本はほのぼの系のアニメなんですが、トラウマを引きずる公生の姿だったり、演奏に恐怖を感じる描写だったり。

ところどころシリアスなシーンも入ってきます。

でも決してシリアスになりすぎず、明るい青春のふんわり感もしっかり味わえるような、そんなアニメです。

ストーリーが素晴らしい

「青春を描いたアニメというのは数あれど、君嘘ほど完成されたストーリーはないのではないか?」

そう思わせるほど、ストーリーが22話で綺麗にまとまっていて、つい画面にくぎ付けになってしまう面白さあります。

僕の場合も、深夜にも関わらず一気見をしてしまうほど、辞めどきが分からない作品でした。

公生という1人の少年の成長が、22話にわたって描かれています。

いろんな人と関わって刺激を受けて励まされて…

いろんな壁に当たって挫けながら、それでも、背中を押されて立ち上がって、またピアノに向かって….

自分の弱さと向き合ってそれを乗り越えようと戦う公生の姿こそ、君嘘の胸アツポイントです。

どのシーンも印象的ですが、一番好きなシーンは物語の終盤。

公生が悲しみを抱えながらコンクールで演奏をするシーンです。

ピアノを弾ける状態ではない公生が、それでも「自分はピアニストだから」とピアノに向かうシーン。

そこで演奏する、ショパンの「バラード 第1番 ト短調作品23」

公生が、いろんなものを背負いながら心を込めて演奏するこのシーンは、いろんな意味で強く心に刻まれたシーンです。

途中から入ってくる演出も素晴らしく、一生忘れることのない名シーンです。

絵が美しい

桜の舞う風景、ピアノを弾く姿、ピアノの光沢、ほとばしる汗…..

風景のきめ細やかがとにかく尋常じゃないです。

「え?これアニメだよね?映画じゃないよね?」

と一瞬思うくらいの美しさです。

ストーリーも素晴らしいですが、絵の美しさが一段と目を引きます。

5年前のアニメですが、最近のアニメの絵のクオリティをゆうに超えています。

しっかりと心を込めて描かれているのが分かりますし、作り手の思いが絵から伝わってきます。

また演奏シーンにもかなり力が入っています。

ほとばしる汗だったり、演奏者の動きだったり、かなりリアルに描かれています。

もう全部のシーンが凄い。手を抜いているところは一切ありません。

タイトル回収が凄い!

なぜタイトルが「四月は君の嘘」なのか。

それはラストで明らかになります。

もちろんここでは言えません。(笑)

なんで四月なのか。何が嘘なのか。誰の嘘なのか。

最後にしっかりとタイトル回収をしてきます。

原作者の新川先生の中で、ラストの展開は最初から決まっていたということでしょうか…

「ここでくるか!」という感動と、普通にストーリーに感動。

いろんな意味で感動します。

こういうところをとっても、本当に良くできた作品だな~と思いますね。

演奏シーンの緊張感がたまらない

さっきも言いましたが、演奏シーンにもかなり力が入っています。

ピアノを弾く手の動きや、身体の動き。

バイオリンを弾く動作も、現実の演奏者の動きを参考にしたそうです。

さらには、ほとばしる汗や息遣いも、より臨場感を高めてくれます。

そしてなんといっても、衆目を集めながら演奏する緊張感

ピアノのコンクールは基本1人。

1人に対して、観客は何百人といるわけです。

その緊張感といったら…想像するだけで手汗をかいてしまいます。

しん…と静まる会場で、一人袖から現れて、静かにお辞儀をしてピアノと向かい、一人で曲を奏でる。

尋常じゃないプレッシャーがかかります。

特に主人公の公生は、「ピアノの音が聞こえなくなる」というトラウマとの戦いでもあります。

そんなハンデを抱えた公生が、どのように緊張感と戦い、乗り越えていくのか。

そこも見どころの一つです。

また、キャラごとに性格も違えば、選曲も異なり、弾き方も異なります。

そういった異なる演奏スタイルも、よりキャラの個性を引き出していて、見どころの一つになります。

クラシックにハマってしまう

このアニメを観た後はクラシックにハマってしまいます。多分。

僕はかなりハマりました。

アニメを観終わってからしばらくは、クラシックをずっと聞いていました。

何より耳に心地よいですし、集中力を高めてくれるので、勉強や作業のお供にも欠かせません。

今でもたまにクラシックは聞いていますし、自分の世界を広げてくれたという意味でも、君嘘には感謝をしています。

それまで興味がなかったという方も、このアニメの影響で、クラシックを好きになるかもしれませんね。

まぶしすぎるキラキラな青春

君嘘といったらこの、青春まっしぐらな中学生の姿でしょう!

「こんな青春が送りたかった…」と誰もが思うほどのまぶしさです。

誰かを好きになったり、自分の気持ちを持て余したり、みんなで授業を抜け出して演奏会に行ったり……

授業をサボるとか憧れですよね…

真面目陰キャだった自分には縁遠い話ですが。(笑)

とにかく真っすぐなんです。

どのキャラも優しくて相手を思いやれる子で、そんな温かさがあるから、より青春も輝いて見えるのでしょう…

自分の気持ちや相手の気持ちと向き合って、悩んで、葛藤して、自分の弱さに立ち向かおうとする。

そんな中学生たちの優しくてひたむきな姿に、間違いなく心が揺さぶられます。

こんなにまぶしくて全てが綺麗な作品を、僕は知りません。

それほど完成された青春アニメです。君嘘は。(倒置)

OP&EDが素晴らしい

「四月は君の嘘」は全部で22話、2クール構成になっています。

1クールと2クールの間でOPとED曲が変わるのですが、そのどれも「四月は君の嘘」の世界観をそのまま表現したような曲になっています

1クール目のOP曲がGoose houseの「光るなら」

好きなフレーズはサビの頭

「君だよ、君なんだよ。教えてくれたのは。暗闇も光るなら流星になる。」

トラウマと戦い、悩み苦しんでいる公生。

そしてそんな公生を励まし、勇気づけるかをりの姿が浮かぶような歌詞で、もう…好き!

曲自体も素晴らしいですが、OPのアニメーションも神がかっています。

とにかく曲が作品とマッチしていますし、透明度がハンパではありません。

1クール目のEDがwacciの「キラメキ」

wacciさんの優しい歌声が耳に心地よいこの曲。

青春のキラメキが表現された歌詞と、公生とかをりの関係性も歌詞に反映されています。

2クール目のラストの挿入歌にも使われており、あのシーンもね…ヤバいです。

2クール目のOPがコアラモードの「七色シンフォニー」

好きなフレーズはサビの

「ひとりじゃ出せない音があることに気づいたよ」

一人で抱え込んでいた公生に、再び音楽の楽しさを教えるかをり。

1人じゃ出せないけど2人なら…もう歌詞が完璧すきるんだよなあ…

2クール目のED曲は、7!!の「オレンジ」

7!!さんの透明感のある歌声が印象的なこの歌。

例によって作品の世界観が感じられる曲で、思わず歌詞に聞き入ってしまいます。

1クール目のED「キラメキ」と同じく、作品に寄り添った曲になっています。

ヒロインたちが可愛い

メインヒロインのかをり(CV:種田梨沙)と椿(CV:佐倉綾音)。

かをりは物語の序盤に、公生の前に現れるヒロインで、立ち止まっている公生の背中を押す存在です。

椿は公生の幼馴染で、いつも公生の心配をしていて、少し男勝りな女の子です。

男勝りでいったら、かをりもそうか…(笑)

公生との出会いのシーンで、リコーダーをぶん回して公生を追いかけまわします。(笑)

でも決して短気というわけではなく、思いやりに溢れた少女で、自分のことよりも他人の幸せを願える、とても健気な少女です。

椿も最後の踏切のシーンがね…

分かる人は分かると思いますが、踏切で公生と椿が出会うシーンがあるんですよ。

そこでの椿のぶっきらぼうな態度から伝わってくる優しさと、その言葉に戸惑いながらも、嬉しさとか感謝とかが入り混じったような表情をする公生が…

おっと、つい熱がこもってしまった…(笑)

知らない方にはなんのこっちゃ分からないと思いますが、その2人のやり取りの背景に何があったかを思うとね…椿も本当に良い子です。

これ以上はネタバレになるので控えましょう。

とにかく、かをりも椿も、公生のことを心から思っていて、そんな2人と公生の関係値の変化も見どころになってきます。

主要キャラ紹介

有馬公生

本作の主人公

厳格な母親のもとで育ち、幼い頃からその類まれなピアノの才能を発揮する。

ある日母親と喧嘩して「お前なんか、死んじゃえばいいんだ」と言ってしまう。

そのまま母親とは死別してしまい、それが母親にかけた最後の言葉に。

その後悔から、ピアノの音が聞こえなくなってしまい、ピアノから離れた生活を送ることに。

そしてある日かをりと出会い、公生の景色が変わっていく…?

宮園かをり

本作のヒロイン。

主人公の公生と同じ中学3年生。ヴァイオリニスト

幼い頃に聞いた公生の演奏に感銘を受け、公生にまたピアノを弾いてほしいと思っている。

公生に暴力女と呼ばれるほど、言葉よりも先に行動を起こしてしまうタイプ。

公生にピアノを弾いてほしい一心で、ヴァイオリンのコンクールの二次予選のピアノ伴奏に公生を指名する。

渡とお近づきになりたいと、公生・椿・渡の3人の輪に入っていくが…?

澤部椿

公生の幼馴染で同じ中学3年生。

ソフトボール部に入っており運動神経抜群。鉄棒で大車輪ができるほど。

公生は椿を姉のような存在だと思っており、椿も公生を弟のような存在だと思っている。

かをりと同じように公生にまたピアノを弾いてほしいと思っていて、会うたびにピアノを弾くようにしつこく言う。

公生を何かと心配していて、その気持ちの正体とは…?

渡亮太

公生と椿の幼馴染でサッカー部に所属。

絵にかいたような陽キャで女子からもモテモテ。

普段は軽薄な男だがたまにいいことを言ったり、公生を気にかけたり、友達思いな一面も。

かをりの想い人???

「四月は君の嘘」を観よう!

「四月は君の嘘」は以下の配信サービスで観ることができます!

まとめ:君嘘は青春アニメの最高峰

今回は「四月は君の嘘」の素晴らしさを、語らせていただきました。

想いが勝手に言葉になって溢れてくるほど、いろんな感情が押し寄せて、いろんなことを感じられるアニメです。

全てにおいてハイクオリティで、文句のつけどころのない素晴らしいアニメです!

神アニメです。まだ観ていないという方は、とりあえず観てみてください!

素晴らしいアニメに言葉はいりません!

ティッシュとタオルのご用意を忘れずに!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です