サッカー

【サッカー】コパアメリカ2019を勝手に展望。優勝は?放送情報も

こんにちは。たか兄です。

遂に6月から、待ちに待ったコパアメリカ2019が始まりますね!

コパアメリカとは、不定期に開催される南米一の国を決めるサッカーの大会です。

南米では非常に歴史と権威のある大会で、どの国も本気のメンバーを揃えて臨みます。

なぜ日本でも話題になっているか、注目されているかというと、今回の大会になんと日本も参戦するからです!

ちなみにアジアからはカタールも出場します。

そもそも

「なぜアジアの日本とカタールが参加するの?」

という疑問にお答えすると、

南米には10か国しかないので大会がやりずらいのです。

そこで、2か国を加えて12か国にすると、4チームずつ3グループに分けられて、大会がやりやすくなります。

さらに、南米の国同士はW杯予選などでも何回も当たっているので、新鮮味を出すという意味でも、大陸外の国を招待するようにしているそうです。

そんな感じで日本も招待をされ、前回は震災などがあってバタついていたので断りましたが、今回は受諾をして参加をすることが決定。

日本が南米の強豪と戦い、どんな結果を残してくれるのか…

非常に楽しみですよね!

そんな日本代表の情報や優勝予想も含めて、今回は勝手にコパアメリカを展望していこうと思います。

ちなみに大会は6月14日~7月7日に行われます!

・6月14日〜24日:グループステージ
・6月27日〜29日:準々決勝
・7月2日〜3日:準決勝
・7月6日:3位決定戦
・7月7日:決勝



日本代表のメンバー

日本代表のメンバーが先日発表されました。

「なんか見慣れない名前ばかりだな…」

と思った方もいると思います。

今回の大会に参加するのは、A代表だけどA代表ではありません

ぶっちゃけレベル的には、B代表かC代表くらいのレベルだと思います。

なぜコパアメリカにベストメンバーを送り込めないのか。

それは、FIFAの規定に

「大陸内の選手権には1年で1大会でしか拘束力を行使できない」

というものがあるから。

つまり日本代表は1月のアジアカップでベストメンバーを組んで挑んでしまったので、今回のコパアメリカでは、そこに呼んだ選手には招集する強制力は働かないわけです。

それでも禁止されているわけではないので

「無理矢理にでも呼べばいいじゃん」

と思う方もいるかもしれませんが、残念ながらそれは難しいのが現状です。

なぜなら選手を保有しているクラブからしたら、1月のアジアカップで大事な選手を1か月も手放しただけでなく、また招集をのんで怪我でもされたら、たまったものではないからです。

特にFWの大迫選手なんかは、アジアカップで存在感を見せつけて替えの利かない選手であることを証明したのですが、そのアジアカップで怪我をしてしまい、怪我をした状態でクラブに返してしまったので、保有元のブレーメンはおこ。

「コパアメリカ?そんなん知らんわ。勝手にやってくれ。」

となってしまったわけです。

当たり前ですよね。(笑)

でもメンバーを改めて見返してみると、柴崎や富安なんかはアジアカップでも出場していて、今回のコパアメリカでも招集を受けています。

これを見ても分かる通り、ようは、やり方次第でどうにでもなるということです。

まあ富安が所属するシントトロイデンは親会社が日本のDMM社なので、そこら辺の兼ね合いもあるかもですが。。。

柴崎は恐らくですがヘタフェでは放出候補扱いなので

「アジアカップでもコパアメリカでもお好きにどうぞ」

って感じなのでしょう。

年に2回目の招集なので、断ってもいい場面でクラブが首を縦に振ったということは…

ヘタフェでは、もう居場所はないと考えていいかもしれません。

むしろクラブは柴崎に

「コパアメリカで活躍してもらって、少しでも市場価値を高めて売りに出したい」

という意向まで持っているなんて噂も…?

まあそこら辺の噂話は置いておいてメンバーに話を戻すと、Bチームとはいえ、期待できそうなメンバーという印象ですよね。

やっぱり注目は17歳の久保建英

FC東京の首位独走を支えるキーマンと言われるまでに成長して、早くも殻を突き破った印象のある選手です。

元はバルセロナの下部組織にいたことで話題となった選手ですが、ここまで成長して17歳にしてA代表に選ばれるまでになるなんて、正直驚きです。

そしてアルドゥハイルの中島翔哉

A代表でも一人だけ別次元の選手です。

自由自在のドリブル。

圧巻のボールキープ力と突破力は、観る者の心を魅了します。

そんな中島はアジアカップで招集はされていましたが、怪我で辞退したため今回の招集が叶った、いわば運命の巡りあわせです。

中島が1人いるだけで、なんとなくチームに期待感が出てきますよね!

左に中島、右に久保の両翼がみんな見たいはず!僕も見たい!

後は鹿島の安部や広島の大迫。

さらには唯一の大学生である上田の名前も。

上田といえば鹿島学園で選手権にも出ていましたし、その時も非常に印象に残った選手です。

さらに、平均年齢がだいぶ若めの中で存在感がある名前が2つ。

GKの川島とFWの岡崎です。

2人とも言わずと知れた重鎮で、ここ何年かの日本代表を支えてきたベテランです。

森保監督曰く、「経験をチームに還元してほしい」とのこと。

出場があるかは分かりませんが、ピッチの内外で若い選手に経験を伝える意味でも、この招集は理にかなっていると思います。

日本代表はどこまで行ける…?

日本代表はどこまで勝ち上がれるのか…。

正直グループステージ敗退が濃厚と言わざるを得ません。

敗退確率は90%あると言っても過言ではないです。

根拠を示すためにまずは組み合わせを見てみましょう。

グループA グループB グループC
ブラジル アルゼンチン ウルグアイ
ペルー コロンビア エクアドル
ボリビア パラグアイ 日本
ベネズエラ カタール チリ

【日本代表 対戦カード】

第1戦:6月18日(火)8:00 vsチリ(サンパウロ/モルンビー)
第2戦:6月21日(金)8:00 vsウルグアイ(ポルト・アレグレ)
第3戦:6月25日(火)8:00 vsエクアドル(ベロオリゾンテ)

※日時は全て日本時間合わせ

日本(FIFAランク26位)は

チリ(FIFAランク15位)・ウルグアイ(FIFAランク6位)・エクアドル(FIFAランク59位)

と同組のCグループです。

かなり見通しは厳しいと言わざるを得ません。

FIFAランクを見てもエクアドル以外は格上ですし、何より開催地は南米のブラジル。

どの試合もかなりのアウェイが予想されます。

しかも暑さもあり、かなりタフな試合となることでしょう。

それに加えて日本はベストメンバーではない。

これは誰が見ても、勝ち上がるのはほぼ不可能と分かるでしょう。

しかし選手や監督はともかく、協会や目の肥えたサッカーファンは、そこらへんを割り切っている人が多いと思います。

僕もそのうちの一人です。

ベストメンバーが組めない。じゃあどうするか。

「若い選手を呼んで経験を積ませる場にすればいい」

と、自然とこういう流れになります。

コパアメリカで本気の南米のチームと戦う。

Jリーグの選手や海外の選手でも、こんな機会は滅多にありません。

本気のメンバーが組めないのであれば、未来の日本を背負って立つような人材を育てる場として、有効活用したほうがいいに決まっています。

勝利を求められる日本代表とはいえ、今回ばかりは成長第一の選手起用でいいのではないでしょうか?

ですが、もし不甲斐ないプレーでベテランの力を借りるべきときがきたら…

そのときは川島選手や岡崎選手を出せばいいと思います。

若い選手が多いとプラスに働くこともありますが、やはり勝ち上がるには経験やチームとしての能力も必要です。

「若さを活かして旋風を巻き起こす」

なんてシナリオがないわけではないですが、各ポジションを見ても、やはりA代表からはレベルが一段も二段も下がっている事実は否定できません。

なので今回のコパアメリカでは日本代表に結果を求めるというよりかは

「経験を多く積んでもらい、今後の代表に還元してもらう」

というスタンスが一番良いのかもしれませんね。

もちろん端から諦めて観るつもりはありません。

勝つことを信じて応援します。

でも相手を見るとやっぱりね…

ウルグアイにもチリにもエクアドルにも、欧州の第一線で活躍している選手が揃っています。

対して日本は…。戦力的格差は歴然…。( 一一)

よって僕は間違いが起きない限り、3敗でのGL敗退を予想します。

みなさんの予想はどうでしょうか??



優勝予想。勝ち上がるのは…?

僕が優勝に推すのはブラジルです!

メンバーは以下の通り。

GK
アリソン(リバプール/イングランド)
エデルソン(マンチェスター・シティ/イングランド)
カッシオ(コリンチャンス/ブラジル)

DF
ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン/フランス)
フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ファグネル(コリンチャンス/ブラジル)
アレックス・サンドロ(ユベントス/イタリア)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)
チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ミランダ(インテル/イタリア)
エデル・ミリトン(ポルト/ポルトガル)

MF
カゼミロ(レアル・マドリード/スペイン)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド)
アラン(ナポリ/イタリア)
ルーカス・パケタ(ミラン/イタリア)
フィリッペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)
アルトゥール(バルセロナ/スペイン)

FW
ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)
リシャルリソン(エヴァートン/イングランド)
ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)
ガブリエリル・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)
ダビド・ネレス(アヤックス/オランダ)
エべルトン(グレミオ/ブラジル)

改めて凄いメンツですねw

ブラジルを優勝に推す理由は、まずこの選手層の厚さ。

各ポジションにスターがいて、もはや2チーム作って大会に参加できるレベル。

楽しみなのはやはりネイマール

怪我が治り、シーズン終盤のパリサンジェルマンの試合にも出ていましたが、早速結果を出していました。

キャプテンはく奪のニュースが出ていましたが、ネイマールがキャプテンの器ではないことは、火を見るよりも明らか。

ネイマールには、ある程度の自由を与えてプレーさせた方が、チームにいい結果をもたらしてくれます。

万全とは言えないかもしれませんが、本番ではキレッキレのドリブルと強烈なシュートを披露してくれることでしょう。

次に組み合わせの優位性です。

ボリビアにぺルーにベネズエラ。

どこも確かに侮れませんが、ブラジルにとってはどれも格下の相手。

順当にブラジルが1位通過をします。

1位通過をすればトーナメントも有利になります。

1回戦の相手はグループB,Cいずれかの3位の相手になります。

恐らくですがパラグアイ・エクアドルあたりかと。

そこも突破すれば、今度はAの2位とBの2位の勝者と戦います。

恐らくですがペルー・コロンビアあたりになるでしょう。

それも突破すれば、決勝は反対の山の勝ち上がりのチームとの対戦となります。

ここは希望になりますが、アルゼンチンに勝ち上がってほしいです。

そして決勝でブラジルvsアルゼンチンというビッグカードが実現。

まさに夢のような展開です。

しかし思った通りに事が運ばないのが、サッカーの側面でもあります。

なので、組み合わせに恵まれているといっても楽観視はできません。

もしかしたらGL敗退なんてこともあるかもしれません。

実際、直近の親善試合のパナマ戦とチェコ戦は格下にも関わらず散々たる内容で、国内からの批判も多かった様子。

しかし、自国開催でホームの後押しも受けられて、さらにベストメンバーで臨むことができる優位性は揺らぎません。

最低でも決勝までは行くのではないかと思います。

でなければ、チッチ監督の解任論まで発展する可能性も…?

まあとにかくブラジルを全力で応援します!優勝してくれ!

みなさんの予想もぜひ聞かせてください!

放送情報。コパアメリカを観るためには?

今回のコパアメリカ2019はブラジルで開催されます。

そして今回のコパアメリカ。地上波での放送はありません。

大切なことなので2回言います。地上波での放送はありません。

じゃあどうすればコパアメリカを観られるのか。

ズバリ方法は1つしかありません。

それはDAZNに登録すること。

DAZNとはサッカーに限らず野球やバスケなど、多くのスポーツのライブ放送などをしている動画配信サービスです!

なんとDAZN

今回のコパアメリカの日本戦を含めた全試合を独占生放送してくれます!

全試合です。

予選から決勝までの全26試合です。これはヤバい。

ではDAZNとはどんなサービスなのか。

まずは登録にかかるお金は一切ありません。

そればかりか、初回は1か月の無料体験期間があり、1か月は無料でDAZNが使えます。

しかも解約料とかも一切発生しないので、1ヶ月以内の解約であれば無料で使用することができます。

お得ですよね。

なのでコパアメリカが開幕する直前にDAZNに登録をして、決勝が終わった後に解約をすれば無料でコパアメリカを楽しむことができます!

無料体験期間が終了すると自動的に契約が更新され、月額1750円(ドコモユーザーは980円)が引き落とされるようになります。

なので解約を前提に登録をされる方は、くれぐれも解約のお忘れがないようにお気を付けください。

・無料体験期間は初回の1か月のみ
・解約を忘れると契約が自動更新され、指定の口座から1750円引き落とされる

もちろんDAZNではサッカーだけではなく、野球にバスケにテニスにゴルフ…etc

他にも多くのスポーツを観戦することができます!

パソコンとスマホの両方に対応していて、同時視聴も可能です!

さらにパソコンとテレビをHDMI端子で繋げば、テレビで観戦することも可能です!

・DAZNはコパアメリカ全26試合を独占生放送!
・無料で登録できる。解約料も一切発生しない。
・直前に登録をして終わった後に解約をすれば、コパアメリカを丸ごと無料で楽しめる!


まとめ

コパアメリカ2019についての情報や、勝手に優勝予想なんかもしてみました。

ついに日本時間の6月15日(土)9:30のブラジルvsボリビアから、南米一を決めるコパアメリカが始まります!

今から楽しみで仕方がないです!

ちゃんと大事な試合は観れるように日程は調整済みですw

しかし、朝の時間帯の試合で、通勤通学などで観られない方も多いことでしょう。

ですが安心してください。

4時5時から始まる試合もありますし、決勝は4時キックオフ予定になっています!

ぜひDAZNに登録をして、一緒にコパアメリカを楽しもうではありませんか!

我らが日本代表の活躍にも期待しつつ、今回はココまで。

それでは!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です