サッカー

【体験レポート】サッカー公認C級コーチ養成講習会に参加してきた!【5日目と6日目】

こんにちは。たか兄です。

今回はC級ライセンス講習会の、5日目と6日目のレポートをお届けします!

参加者は全員で24名。

20代の方から50代の方まで、幅広い年齢層の方が参加をしました。

会場は埼玉の某所。

5月5日~25日の7日間、土日祝日を使って行われます。

確認をすると、ライセンスとは、子供たちにサッカーを教えるときにあると便利な資格です。

実際はライセンスを持ってなくても育成年代での指導は可能です。

ですが、この講習でしか学べないこともありますし、指導のノウハウを学ぶには最適な場所です。

ちなみに僕は指導経験はありませんが、今後のコーチ業を見据えての受講です!

この記事は

・サッカーの指導に興味がある方
・C級ライセンス講習がどのような内容なのか知りたい方
・今後サッカーの指導者になろうと思っている方

などの参考になれば幸いです!

それでは、5日目と6日目の内容を細かく紹介します。

講習会初日から4日目までのレポートはコチラから👇

【体験レポート】サッカー公認C級コーチ養成講習会に参加してきた!【1日目と2日目】こんにちは。たか兄です。 5月5日、6日の2日間、サッカーのC級ライセンス講習会に参加してきました! 僕が将来小・中のサッカ...
【体験レポート】サッカー公認C級コーチ養成講習会に参加してきた!【3日目と4日目】こんにちは。たか兄です。 今回はC級ライセンス講習会の、3日目と4日目のレポートをお届けします! 参加者は全員で24名。 ...

講習会5日目

9:00~10:00 指導者の役割Ⅰ(座学)

10:00~11:00 指導者の役割Ⅱ(座学)

11:00~12:00 指導実践振り返り

12:00~13:00 昼食

13:00~14:30 実技Ⅶ 守備のテクニック

14:30~16:45 実技Ⅷ 守備②

16:45~17:00 実技振り返り

5日目の流れはこんな感じ。

5日目で座学は終了となります。

残すは実技と2回目の指導実践のみ。

指導者の役割Ⅰ

この章は、今までの講義のまとめのような内容に。

子供たちにサッカーを教えるときに何を考えるべきか、そして何を優先するべきか。

重要なキーワードは「Players First」

全ての判断や行動は、プレーする選手のためでなくてはならないということです。

後はリーグ戦の重要性。

選手全員に試合をする機会を設け、成長する場を等しく提供することのメリットを学びました。

僕が子供の頃なんか、BチームもCチームもAチームの試合に帯同して、そのまま試合を観て帰るだけなんてことをやってましたからね。

いつも試合をしたくてウズウズしながら帰っていました。(笑)

全員に等しく試合の機会を設ける。

これは本当に大切なことです。

ベンチに座っても学べることはありますが、やはり試合に出てナンボですからね。

今の子供たちはどうなんでしょうか?

子供たちの成長のためにも、どんどん導入していきたい制度ですね。

指導者の役割Ⅱ

「サッカーは決断のスポーツ」

野球のように監督のサインを見てプレーすることはできません。

子供たちが自分で考えて次のプレーを選択できるように、サポートをしてあげる必要があります。

その子供たちの自立を助けるのもコーチの役割です。

具体的には、練習中のコーチングで

答えを言うのではなく、答えを自分で導き出せるようなコーチングをする

などが挙げられます。

さらに、自分の身の回りのことは自分でやらせること。

洗濯や掃除や家の手伝いをやらせることで、子供の自立心を育てることができます。

さらに学び続けるのは選手だけではないということ。

コーチも日々学びの連続です。

今いる場所で満足したら、選手にそれ以上のことは教えられなくなってしまいます。

なので僕たちコーチも、子供たちと一緒に学んで成長していく姿勢が非常に大切なのです。

サッカーを教えるだけがコーチの仕事ではありません。

選手の目線に立って、選手と一緒に成長する。

そんな謙虚な心持ちが重要なんだと学びました。

この講義を持って座学は終了となりました。

指導実践振り返り

先週行われた指導実践の振り返りです。

ただし個別にアドバイスをもらったり、グループになったりというのはありません。

どのようなコーチングをするべきか、何に注意するべきか、などの端的なアドバイスをもらいました。

特に僕は大失敗をしてしまったので、失敗を繰り返さないためにも、もう一度気を引き締めて、入念な準備をして最終日の指導実践に臨みたいと思います。

守備のテクニック

ここでは基本的な守備の約束事について学びました。

・「ボールを持っていない敵に対してどうマークにつくのか」
・「ボールホルダーに対してどのくらいの距離感で寄せるのか」

など、基本的なことを学びました、

もちろん僕たちは選手役をやりながら、コーチとしてどのようなコーチングをするのか、を考えながらの講義です。

しっかりとマークは付けているのか、どのようにマークを受け渡すのか、真ん中でフリーでボールを持たれたときに何が原因だったのか

などを意識しながら、しっかり観察します。

マークの受け渡しなんかは、日々のコミュニケーションがものをいうところなので、かなりじっくりやる必要がありますよね。

後は、プレスをどこからかけるのか。

前線から行くのか。後ろで引いて守るのか。

それともその両方を併用するのか。

そこら辺の守備戦術の定め方も、インストラクターの方の話から、ヒントをもらうことができました。

守備の良いチームというのは漏れなく強いですし、僕もコーチになったら何よりもまず着手したいところではあります。

しっかりとインストラクターのアドバイスに耳を傾けて、いろんな情報を得ることができました。

改めてこういう経験って、この講習会ならではだと思いますね。

守備②

ここではより積極的な守備について学びました。

先ほどの講習では「奪う」というよりかは、「遅らせる」方にフォーカスした講義でしたが、ここでは

「奪うためにはどうしたらいいのか」
「周りにどのような声かけをしたらいいのか」
「どこをケアしたらいいのか」

など、ボールを奪うための考えを学びました。

基本となるのがチャレンジ&カバー

1人がボールにチャレンジして、もう一人が背後でカバーをするというDFの基礎中の基礎です。

これがDFにおいて、最も重要と言っても過言ではありません。

先ほどの講義でやったマークの位置などを確認しながらの講義となりました。

最後に振り返りを行って5日目は終了です。

講習会6日目

9:00~10:00 筆記テスト

10:00~10:30 グループワーク

10:30~11:00 指導実践ガイダンス

11:45~13:00 昼食

13:00~14:30 実技Ⅸ 攻撃ポゼッション

14:30~16:00 実技Ⅹ 攻撃ゴールを目指す

16:00~16:15 実技振り返り

筆記テスト

今までの座学の理解度を確かめるテストです。

記述形式で問題は全部で8問

重要なところをピックアップした問題だったので、しっかりと教本通りの答えを書いてやりました。(笑)

何とか追試は免れたようで良かったです。

まあ「書く」分野は僕の専売特許なんでね(笑)

指導実践でダメダメだった分、ここで少し挽回できたと思います。

グループワーク

ここでは来週の2回目の指導実践の課題を決めた後に、同じ課題をやるメンツで集まって会議をしました。

どこでコーチングをするのか、どんなことを注意して観るのか、どこでフリーズを使うのか

などを確認しました。

僕の課題は「シュート」

シンプルに思われるかもですが、意外と厄介な分野なんです…。

シュートの中でも僕が選んだのはシュートゲーム

指導相手は高校生ということで、かなりのスピード感が予想されますが、しっかりと準備をして臨みます!

指導実践ガイダンス

最終日の指導実践の流れの説明です。

先ほども言いましたが相手は高校生。

かなりのスピードで、コーチングも相当大変になることでしょう。

しかしインストラクターの方も言っていましたが、「現象」は絶対に起こります。

なのでその現象を見逃さずに、なおかつ自信を持って止められるかどうか。

そこを意識して臨みたいと思います。

1回目でダメだったので、今回で挽回して何が何でも合格してやりますよ!

実技Ⅸ 攻撃ポゼッション

ポゼッションの方法です。

ビルドアップの部分にフォーカスした練習です。

身体の向き・パスの出しどころなどの基本を押さえた後に、順にゴールを置いたゲームへと移行していきました。

意識したのはサポートの質

どこでサポートをするのか、何を最初に意識するのか、などをこまめに確認をしながら行いました。

良いサポートをして→良いパスが来て→良いコントロールをする→良いサポートをして…

その連続で、ビルドアップはより洗練されていきます。

攻撃Ⅹ 攻撃ゴールを目指す

ここではマークの外し方について学びました。

主にフォワードの動きです。

マークを外して、プルアウェイの動きからボールを呼び込みます。

受け手は、出し手のパスを出すタイミングにも合わせて動き出すことが重要になります。

そこを入念に確認しながらの練習です。

FWに求められるのは決定力はもちろん、こういった

マークを外す動きや周りを活かす動き

というのも非常に重要なんですよね。

子供たちにその重要性をどう伝えて教え込んでいくのか、を想像しながら練習しました。

そして最後に総復習のゲームです。

今までの実技でやってきた全ての項目の集大成となります。

シュート・パス・トラップ・守備・マークの付き方・ポゼッション。

学んだことを思い出しながら、最後の力を振り絞ってやり切りました。

最後に実技の振り返りをやって終了。

これをもって全ての課程が修了となりました。

みなさんクタクタで無言になり、死にそうな表情を浮かべていました。(笑)

5日目と6日目を終えての感想

今回も非常に実りのある講義となりました。

選手目線で考えて行動すること。

基本ですが、ここが根っこになってきます。

選手の気持ちに寄り添って、成長をサポートできるようなコーチになりたいですね。

5日目と6日目をもって、座学も実技も終了ということで、よく頑張ったと自分を褒めたいと思います。

サポートしてくれた仲間と、インストラクターの方にも本当に感謝しかありません。

指導の本髄を知ることができましたし、「サッカーを教える」というのがどれほど難しいことか、思い知ることができました。

しかし安心するにはちと早い。

まだ2回目の指導実践という大きい山が控えていますから。(笑)

来週でついに長かった講習会も最後となります。

何度も言うように、入念な準備をして臨みます。

あらゆる事象を想定して、その事象に対してどういうコーチングをするのか。

何通りも考えて練習して、万全の状態で臨みたいです!

自信を付けられれば緊張も乗り越えられるはず!

今までにない自分を出していきたいですね!

果たして自分にコーチとしての資質があるのかどうか。

次の指導実践で、自分自身でも見極めていきたいと思います。

ぜひ来週の報告をお楽しみに。(笑)

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です